パーキンソン病の祖母が行った治療について

祖母は、70歳でパーキンソン病を発症しました。

その時、最初はほとんど症状がなかったので、心配ないと思っていたのです。

パーキンソンというと、今でこそ有名人がかかったりしていることで知られるようになりました。

しかし、祖母が発症したときは、そんなに知られている病気ではなかったのです。

そのため、祖母も私もそんなに意識をしていませんでした。

ところが、少し経つといろいろな症状が見られるようになったのです。

その一つは、震えです。

手や足が震えることによって、日常生活に支障が起きるようになったのです。

手の震えはなんとかなりますが、足が動かないということが辛かったようです。

そのため、内服薬を飲むことになったのです。

それを飲むことによって、朝起きることが随分と楽になったようです。

また、手の震えも少しづつ辛くなってきたようでした。

そのため、頭の中に震えを防止することができるような装置を手術で埋め込みました。

その後は、なんとか震えが少しおさまっています。

PR|ショッピングカート|GetMoney|JALカード|女性向けエステ.com|健康マニアによる無病ライフ|内職 アルバイト|童話|お小遣いNET|家計見直しクラブ|女性の人生|生命保険の選び方|英語上達の秘訣|住宅リフォーム総合情報|アフィリエイト相互リンク|お家の見直ししま専科|