投稿日:

関節の痛みがある時に少しでも歩かないとますます足が弱くなります

年を取ると、関節が痛くなることがありますね。
よくテレビでも、その内容についてコマーシャルをされています。
その原因のひとつとして、関節の中にある軟骨成分が少なくなって、痛みを生じることがあるのです。
そんな時、痛いからといって、歩く事をやめてしまうこともありますね。
それは、とても危険な事なのです。

その理由としては、足は歩くことによって、元気を保つことができているということです。
そのため、毎日歩くことが足を元気にすることなのです。
そのことから、歩くことをやめてしまうと、一気に老化を進行させることになります。

しかし、歩くと痛い時には、歩きたくないことも事実です。
そのため、ちょっとずつ歩く事をおすすめします。
足の痛みが治らなくても、少しづつ歩くことによって、足の筋肉を鍛えることができます。

また立ち上がることが難しいという人は、足を寝たままトレーニングすることもいいですね。
すると、筋肉の衰えを防ぐことができます。

PR|その痛みについて専門医に相談しませんか?|