健康診断で私が犯した失敗で看護士さんが…

私は毎年、市の健康診断を行っています。身長、体重、血圧、血液検査など、ごく一般的なものですが、市が行っているということもあり、かなり割安で出来ます。そのため、健康のためにも毎年、必ず行くようにしています。そこである失敗をしました。身長、体重、血圧などの測定が終わり、最後は血液検査でした。特に問題もなく、血液を取り終え、看護士さんから消毒液が含んだ脱脂綿をいただき、「しばらく押さえてください」と言われました。そして、私は何の意味もなく、押さえながらぐりぐりと揉んだのです。それを見た看護士さんが血相を変えて、「止めて!止めて!揉まないで!」と慌てたのです。その剣幕に私はすごく驚きました。何でもワクチンなどの時は「揉んでください」と指示する場合もあるようなのですが、こういった血液を採るような時は揉んではいけなかったようなのです。ただ単に脱脂綿を抑えているだけでよかったのです。私はこのことがあってから、もう一切揉んでいません。さらに看護士さんの言葉をしっかりと聞くようにしています。いや~、看護士さんの、あの血相を変えた顔は忘れられません。

PR|乳がんのマンモグラフィーを受けるなら