投稿日:

緊急入院した話

ある夏の日、私の妹が緊急入院しました。実家の近くの観光地で急に足が動かない、曲げられないと言い始めたのです。そのまま彼女は足を動かせず、遂に担架まで運ばれてく事態に。現在地から救急車が入れる場所までかなり遠かったため、男性四人がかりで担架に乗せて運ばれていく妹は周りの観光客にヒソヒソ言われるぐらいには目立っていました。そのまま救急病院に彼女は搬送され、熱があったため入院となりました。

夜だったために夜間診察、まだ小さい妹で付き添いを希望したため個室に入院することになりました。妹に言われるままお世話をし、その日、私は硬いベッドで眠りました。

翌日、妹は足の痛みが無くなったらしくとっても元気になっていました。病院食を完食し、なおかつお腹が空いたとブツブツ言い出すぐらいです。医者にも問題ないと言われ、退院することになりました。

しかし、緊急診察と個室入院によって費用がかさみ、時間としてはたった半日入院したのにも関わらず10万円超えの領収書を見たときは驚きで声も出ませんでした。結局保険証が適応されたためにここまで払いませんでしたが……入院とはお金がかかるものであると思いました。

ちなみに妹の足が動かなくなった原因は熱中症でした。これから暑くなる季節、屋外を歩く際には皆さまどうかお気をつけ下さいませ。