投稿日:

癌サバイバー3年目、ポジティブキャンペーン中

癌と闘病中ですが、感染しやすくなり、身体がだるく、白血球を上げる注射がものすごく痛く、貧血、熱の繰り返しで心が折れそうになりました。

手先が痺れたり、味覚がおかしくなり、食べ物もたべたくても食べれなくなりました。下痢も酷くなり、トイレとお友達でした。

看護師さんも色んな人がいて、優しい人も居れば、自分のプライベートの話をしてきたり、嫌みっぽい方が居たり、そういう事にも疲れました。

死んでしまうのではないか?という恐怖不安もありました。

なので、心が折れそうな時はタブレットでおもしろい動画をみたり、懸賞に応募しました。

好きな音楽を聴いて、歌を歌ってみたり、退院したらやりたい事、行きたい事、食べたい物を書き出しました。

手が痺れたら、絵を描いたり、折り紙をしました。恐怖や不安にはブログをやって生きた記録、人には言えない愚痴を書いたりしました。

抗ガン剤で抜けた髪の毛を集めて、楽しんだり、食べれなくなったら、味の濃い物、口当たりが良い炭酸飲料、自分が好きな物を無理矢理食べました。

なるべくストレスを溜めないように、良い心イメージトレーニングをしてやり過ごしました。

自分がやりたい様に楽しんで過ごせば、精神面が強くなり、辛さも緩和されていきます。悟るしかありません。

今は辛い時だと思いますが、自分自身の心の持ちようで、毎日が違ってきます。

一日一日に生きられている事に感謝して、治療に専念する、腹をくくる事です。病気を受け入れる事により、ポジティブに前向きに頑張れると思います。

PR|乳がん検診で要精査!? |